下ゆで不要!サラダほうれん草のソテー【農家のレシピ帳】

生でそのまま食べられる、サラダほうれん草をご存知ですか?アクが少なくなるように品種改良されたほうれん草の一種です。うちでは赤軸の品種を育てているので、茎や葉脈が赤紫色になっています。

サラダほうれん草は生でサラダにするのはもちろんですが、加熱調理してもOKです。一般的なほうれん草と違い、アクを抜くための下ゆでが不要なので楽チン♪今回は、フライパンで炒めるだけの、サラダほうれん草のソテーをご紹介します!

  サラダほうれん草のソテー

■材料(2人分)

サラダほうれん草 250g
スイートコーン(缶詰) 50g
バター 15g
塩 少々
ブラックペッパー 少々

■作り方

1.ほうれん草は洗って4cmほどに切る。スイートコーンはザルにあげて水気を切る。

2.フライパンにバターとサラダほうれん草を入れ、ふたをしてしんなりするまで加熱する。ふたを開け、スイートコーンを加えて炒め、塩とブラックペッパーで味を整える。


ほんのり香るバターが食欲をそそります!具材はほうれん草だけでもOKですが、コーンやベーコンなどを入れたほうが色がきれいですね♪

スポンサーリンク
レクタングル大