生トマトでピッツァ・マルゲリータ!オーブンで焼く本格的な味♪【農家のレシピ帳】

今日は採れたてのトマトを使ったイタリアン。ピッツァ・マルゲリータの作り方をご紹介します!

生地にトマトソース、モッツァレラチーズ、バジルをのせて焼くシンプルなピッツァ。イタリア・ナポリの代表的な料理のひとつです。マルゲリータというのは、19世紀のイタリア王妃の名前。マルゲリータ王妃がナポリ訪問時に食べ、イタリア国旗と同じ色使いのこのピッツァを気に入ったことから、ピッツァ・マルゲリータと名付けられたそうです。

トマトソースには、採れたての生トマトをたっぷり使用。ぜひ完熟させた旬のトマトを使って、作ってみてください♪

  ピッツァ・マルゲリータ

■材料(2枚分)

<生地>
強力粉 60g
薄力粉 60g
ドライイースト 小さじ1
塩 小さじ1/2
砂糖 小さじ1/3
牛乳 60cc

<具>
モッツァレラチーズ 100g
バジルの葉 10枚

<トマトソース>
トマト 3〜4個(600g)
玉ねぎ 1/2個(100g)
にんにく 1片
オレガノ 小さじ1/2
塩 少々
ブラックペッパー 少々
オリーブオイル 適量

■作り方

1.ボウルに生地のすべての材料を入れ、手でこねる。オーブンで20分ほど発酵させる(炊飯器でも可)。

2.発酵中にトマトソースを作る。トマトは角切りに、玉ねぎとにんにくはみじん切りにする。

3.フライパンにオリーブオイルをひき、にんにくと玉ねぎを中火で炒める。しんなりしたらトマトを加えフタをして加熱し、柔らかくなったらヘラでつぶす。強火に変えて水気を飛ばし、オレガノ、塩、ブラックペッパーで味を整える。

4.薄力粉(分量外)で打ち粉をした板の上で、発酵させた生地を2等分して丸める。ラップをかけて常温で15分休ませる。

5.生地をめんぼうで直径20cmほどの円形に伸ばし、オリーブオイルを塗ったアルミホイルにのせる。フォークでつつき、あとをつける。2のトマトソースを塗り、ちぎったモッツァレラチーズを散らす。

6.280度に予熱したオーブンで8分焼く。バジルを飾れば完成。


トマトの購入時にまだ完熟していない場合は、常温で保存して追熟させると良いです。トマトが赤くなったら冷蔵庫での保存に切り替え、できるだけ早く食べましょう。

スポンサーリンク
レクタングル大