ナスの天ぷら♪縁起のよい扇形(末広がり)に!【農家のレシピ帳】

夏野菜の代表格、ナス。東洋医学で、ナスには身体を冷やす効果があるといわれていますね。暑い日にぜひ食べたい食材です。

採れたてのナスを天ぷらにしてみました。外はサクサク、中はジューシーなナスの天ぷらは最高!お店でよく見る扇形(末広がり)は、一見難しそうですが、慣れれば簡単にできます。

 ナスの天ぷら

■材料(4人分)

ナス 4本(400g)
薄力粉(ナスにまぶす用) 大さじ2
◯薄力粉 1カップ
◯片栗粉 大さじ1
◯卵 1個
◯冷水 卵と合わせて1カップ
サラダ油 適量

■作り方

1.ナスはヘタを取り除いて縦に4つ割にする。上2cm残して、縦に3〜4本の切れ目を入れる。キッチンペーパーで水気を拭きとり、大さじ2の薄力粉をまぶす。

2.ボウルに◯の材料を入れ、箸で手早く混ぜる。鍋や深めのフライパンに2cmほど油を入れ、180度(衣をたらすとすぐ浮き上がるくらい)まで油の温度を上げる。

3.揚げる直前に、ナスを2のボウルに加えて軽く混ぜる。両面を揚げ、網やキッチンペーパーを敷いた皿に並べて油をきる。

※ナスの切れ目にしっかり衣を絡ませると、扇がきれいに広がります。

※油の温度が下がってきたら、温度が180度まで上がるのを待ってから再び揚げてください。


お好みで、天つゆや塩をつけてお召し上がりください!

スポンサーリンク
レクタングル大