青じその天ぷら。夏らしい爽やかな香りを味わって♪【農家のレシピ帳】

夏になると、畑の隅にモサモサと生えてくる青じそ。生命力が強く、手入れをしなくてもどんどん増えていきます!

薬味、お刺身に添えるなど、脇役になりがちな青じそですが、今日は天ぷらにして主役に♪裏面だけ衣をつけ、見た目にも鮮やかな一品です。夏らしい爽やかなしその香りを、どうぞお楽しみください!

 青じその天ぷら

■材料(4人分)

青じそ 16枚
薄力粉(青じそにまぶす用) 大さじ2
◯薄力粉 1カップ
◯片栗粉 大さじ1
◯卵 1個
◯冷水 卵と合わせて1カップ
サラダ油 適量

■作り方

1.青じそは水で洗い、キッチンペーパーで水気を拭きとる。大さじ2の薄力粉をまぶす。

2.ボウルに◯の材料を入れ、菜箸で手早く混ぜる。鍋や深めのフライパンに2cmほど油を入れ、180度(衣をたらすとすぐ浮き上がるくらい)まで油の温度を上げる。

3.揚げる直前に、青じその裏面だけ2の衣をつける。裏面を下にして揚げ、網やキッチンペーパーを敷いた皿に並べて油をきる。

※青じそを両手で持って衣をつけ油に入れると、きれいに揚げられます。

※油の温度が下がってきたら、温度が180度まで上がるのを待ってから再び揚げる。


お好みで、天つゆや塩をつけてお召し上がりください!

スポンサーリンク
レクタングル大