農家イチオシ!夏野菜でおもてなしを。和風の前菜レシピ3選【農家のレシピ帳】

夏のお盆や子どもの夏休みになると、親戚や友人が家に遊びに来る…なんて機会が増えますよね。そこで悩むのが、おもてなし料理。わざわざ足を運んでくれる人のために、ちょっと素敵な食事を用意したいな~と考える方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、東京の農家が運営するブログ「農家のレシピ帳」より、おもてなしで使えるレシピを厳選!夏野菜で作る和風の前菜を3つご紹介します。旬の食材を使った、見た目にも鮮やかな品々。農家イチオシのレシピで、野菜を美味しく食べられますよ♪

【1】和風マッシュポテト

いくらと青じそを飾って上品に♪器に盛らずに、ラップを使って茶巾に絞ってもお洒落です。ちなみに、マッシュポテトに使うじゃがいもは、男爵やキタアカリなどのホクホクした食感をもつ品種が向いています。

材料 (4人分)

じゃがいも 2個 (300g)
いくら 小さじ4
青じそ 2枚
◯牛乳 大さじ2
◯昆布茶 小さじ1
◯わさび 小さじ1/4

作り方

1.じゃがいもは洗って芽を取り除き、皮をむく。水でぬらしてラップで包み、600wのレンジで6分ほど加熱する。竹串がすっと通ればOK。青じそはきざんでおく。

2.◯の材料を混ぜておく。じゃがいもをフライパンに入れ、ヘラでつぶす。◯の材料を加えて弱火にかけ、よく混ぜ合わせる。器に盛り、いくらと青じそを飾る。

【2】和風カプレーゼ

トマト、モッツァレラチーズ、バジルで作るカプレーゼを和風アレンジ!チーズは豆腐に、バジルは青じそに変えました。切って並べるだけの簡単レシピです。

材料 (4人分)

トマト 2個
絹豆腐 1/2丁
青じそ 6枚
ごま油 大さじ1
塩 少々
ブラックペッパー 少々

作り方

1.絹豆腐はキッチンペーパーで包み、30分ほど皿で挟んで水気を切る。トマトと絹豆腐は薄切りに、青じそは半分に切る。

2.トマト、青じそ、絹豆腐の順で皿に並べ、ごま油、塩、ブラックペッパーをかける。

【3】夏野菜のゼリー寄せ

和風のだし汁を使ったゼリーで、ミニトマト、とうもろこし、枝豆を固めた一品。暑い夏にぴったりの、涼しげな前菜です。赤、黄色、緑のコントラストが食卓を彩ります。

材料 (4人分)

ミニトマト 8個
枝豆 70g (さや付きの重さ)
とうもろこし 30g (実だけの重さ)
粉ゼラチン 4g
だし汁※ 250cc
醤油 小さじ1

(※だし汁は、和風だしの素をお湯で溶いたものや、昆布やかつお節を煮出したものでOK)

作り方

1.ミニトマトはヘタを取り、半分に切る。枝豆は小さじ2の塩(分量外)を入れた2カップの沸騰したお湯で6~7分ほど茹でる。豆をさやから取り出す。とうもろこしは包丁で実を削ぎ落とし、300wのレンジで1分加熱する。

2.鍋にだし汁と醤油を入れ、強火で一煮立ちさせる。大さじ2の水(分量外)で溶いた粉ゼラチンを加えて混ぜる。

3.器にミニトマト、枝豆、とうもろこしを入れ、ゼラチン液を注いでラップをかける。冷蔵庫で3時間ほど冷やしたらできあがり。

色とりどりの野菜を使った前菜は、きっと喜ばれると思いますよ♪ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
レクタングル大