ガパオライス♪バジルとひき肉を炒めた本格タイ料理!【農家のレシピ帳】

畑で採れたピーマンや玉ねぎ、唐辛子を使って、ガパオライスを作りましたのでご紹介します!ピーマンは赤と緑の2色を使って彩り豊かに♪赤と緑のピーマンは別物だと考える方もいらっしゃるかもれしませんが、緑のピーマンが熟すと赤に変わるのです。

ガパオライスはバジルとひき肉を炒めてご飯にのせる、代表的なタイ料理のひとつです。「ガパオ」とはタイ語でホーリーバジルのこと。スパイシーな風味があり、日本でよく使うスイートバジルよりも香りが強いハーブです。今回はスイートバジルで代用しました。

ガパオライスはワンプレートでランチや夕食にぴったり♪色鮮やかな見た目にバジルの香り、ひき肉の旨味が食欲をそそり、美味しくてペロリと食べてしまいます!

  ガパオライス

■材料(2人分)

鶏ひき肉 200g
赤ピーマン 小1個
緑ピーマン 小1個
玉ねぎ 1/2個
バジル 10枚
にんにく 2片
赤唐辛子 1本
卵 2個
白ごはん 2杯分
◯ナンプラー 小さじ1
◯醤油 大さじ1/2
◯オイスターソース 大さじ1/2
◯砂糖 小さじ1/2
ごま油 適量

■作り方

1.玉ねぎ、にんにくはみじん切りに、赤唐辛子は輪切りに、赤と緑のピーマンは1cm角に切る。◯の材料を混ぜ合わせる。半熟の目玉焼きを作っておく。

2.フライパンにごま油をひき、玉ねぎ、にんにく、赤唐辛子を炒める。しんなりしてきたら赤と緑のピーマン、鶏ひき肉を加え、さらに炒める。◯の合わせ調味料とバジルを加えてよく混ぜる。皿に白ごはんと具材を盛り付け、上に目玉焼きをのせる。


全体をスプーンでよく混ぜてからいただきます♪

スポンサーリンク
レクタングル大