里芋とひき肉の焼きコロッケ。里芋のねっとり感が美味しい!【農家のレシピ帳】

旬の里芋でコロッケを。
油で揚げるのではなくフライパンで焼くので、油の量を減らせてヘルシーです。
外はサクサク、中は里芋のねっとり感があって、楽しいおかずです。

里芋というと古くから日本で食べられているイメージがありますよね。
インド原産の里芋が日本に伝わったのは、なんと縄文時代。
縄文人の主食だったという説もあるそうです。

     里芋とひき肉の焼きコロッケ

■材料(2人分)

里芋 5個(500g)
玉ねぎ 1/2個
豚ひき肉 200g
卵 1個
A 醤油 小さじ2
A みりん 小さじ2
薄力粉 適量
パン粉 適量
サラダ油 適量
とんかつソースやケチャップなど 適量(お好みで)

■作り方

1.里芋は洗って皮つきのまま縦半分に切り、500wのレンジでやわらかくなるまで10分ほど加熱する。粗熱がとれたら手で皮をむき、フォークやマッシャーでつぶす。

2.玉ねぎはみじん切りにして、サラダ油を熱したフライパンでしんなりするまで炒める。豚ひき肉を加え、色が変わるまで炒め、Aで味を調える。

3.1と2を混ぜ合わせて6等分し、楕円形に丸める。薄力粉、溶き卵、パン粉の順でくぐらせる。

4.フライパンに多めのサラダ油を熱し、焼き色がつくまで両面焼く。箸でつかみ、向きを変えながら軽く側面も焼く。キッチンペーパーの上に広げ、余分な油をおとす。お好みで、とんかつソースやケチャップを添える。


揚げたてでも、お弁当に入れてもおいしいコロッケ。

春・夏はじゃがいも、秋はかぼちゃ、冬は里芋…のように旬の野菜を使うと、季節が感じられて楽しいですね。

スポンサーリンク
レクタングル大