お正月の花!葉牡丹や千両を束ねました♪【農家のレシピ帳】

あけましておめでとうございます!2017年がはじまりましたね。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

先日、お正月に飾るための花束を作りました♪

中心にあるのは葉牡丹(はぼたん)。食べられませんが、キャベツの仲間です。

お正月に葉牡丹を飾るのは、牡丹の代用からはじまったいわれています。牡丹は別名”花の王様”と呼ばれ、古くから大事にされてきた花。その牡丹と見た目が似ており、また冬の寒さに強く育てやすいことから、葉牡丹をお正月に飾るようになったそうです。花言葉も”祝福”なので、お正月にピッタリですね!

葉牡丹の周りにある実は、千両(せんりょう)です。

半日陰を好む植物なので、木と木の間で育てています。千両という名前から縁起が良いとされており、お正月飾りでもよく見かけますね。

菊やキンセンカも一緒に束ねたら、華やかになりました♪

野菜の収穫もいいけれど、色合いや大きさ、花の向きなどを考えながらお花を束ねるのは、特に楽しいですね。

皆さんもお正月のお花を、ぜひ飾ってみてください♪

スポンサーリンク
レクタングル大