レンジで簡単♪里芋の衣かつぎ【農家のレシピ帳】

里芋のそのままの美味しさを味わえる、”衣かつぎ(きぬかつぎ)”。皮付きのまま鍋で蒸したり茹でたりして、上半分の皮をむいて提供する料理です。下半分の皮をむきながら、味噌や塩をつけて食べます。今回は電子レンジを使って、簡単にできました♪

衣かつぎの名前は、里芋の上半分の皮をむいた様子が、平安時代に身分の高い女性が顔を隠すために頭から被った「衣かづき(きぬかづき)」に似ていることに由来します。「衣かづき」がやがて「衣かつぎ」と発音されるようになったそうです。

  里芋の衣かつぎ

■材料

里芋(孫芋など小ぶりのもの) 500g
白ごま 少々
塩 少々
◯酒 大さじ2
◯みそ 大さじ1
◯砂糖 大さじ1
◯みりん 大さじ1/2

■作り方

1.里芋は洗い、真ん中にぐるっと一周、包丁で軽く切れ目を入れる。皿に並べる時に、下にしたい部分を平らに切る。

2.1の里芋を600wのレンジで5分加熱する。粗熱がとれたら里芋の平らに切ったほうを下にして、上半分の皮を手でツルッとむく。気になる場合は、包丁で少し形を整える。


3.◯の材料をフライパンに入れて混ぜ、中火で煮立てる。水分が飛んだら火を止める。

4.里芋に3のみそか、白ごまと塩をトッピングする。


お皿にちょこんとのった小さい里芋、可愛いですよね。ちょっとしたおつまみや、おもてなしにもどうぞ♪

スポンサーリンク
レクタングル大