簡単♪野菜の茶碗蒸し!プリンカップ&普通の鍋で【レシピ】

和食の代表的な蒸し物といえば、茶碗蒸しですね!プルンとした食感、出汁がきいた優しい味、何度食べても美味しい料理です。

茶碗蒸しの歴史は江戸時代に遡ります。鎖国によって、長崎県には唐人屋敷という中国人の住居地区が作られました。茶碗蒸しは、そこで提供されていた、中華の宴会料理を日本風にアレンジした”卓袱(しっぽく)料理”の献立のひとつでした。その後、茶碗蒸しと蒸し寿司の専門店が長崎で開業し、やがて日本全体に浸透していったそうです。

うちには蒸し茶碗も蒸し器もないのですが、耐熱のプリンカップと普通の鍋を使って作ってみました!使った具材は、椎茸、人参、春菊の3つ。簡単に、色鮮やかな茶碗蒸しができました♪

  茶碗蒸し

■材料(5人分)

卵 3個
干し椎茸 3個
人参 1/5本
春菊 20g
◯水 400cc
◯白だし 大さじ1
◯醤油 小さじ1
◯みりん 小さじ1
◯塩 少々

■作り方

1.干し椎茸は水で戻して薄切りにする。人参は薄切りにして600wのレンジで3〜5分ほど加熱する。春菊は葉っぱを摘みとり、半分に切る。

2.卵をよく溶き、◯を加えてよく混ぜる。ザルでこす。

3.耐熱容器に椎茸、人参、春菊を入れる。2の卵液を、気泡ができないように静かに注ぐ。

4.鍋に深さ5cmほどの水を張って沸騰させる。アルミホイルで蓋をした3の容器を入れ、弱火で10〜12分蒸す。卵液が固まったらできあがり。


茶碗蒸しを蒸すときは必ず弱火で!強い火で急激に熱するとスが入ってしまいます。

具材はなんでもOK。お好きな具材でオリジナルの茶碗蒸しをお楽しみください♪

スポンサーリンク
レクタングル大