枝豆のあごだしつゆ漬け。素材の味が引き立つ、夏のおつまみ。【農家のレシピ帳】PR

ゆでた枝豆をあごだしつゆに漬けるだけ。ほんのひと手間で、いつもと違う枝豆を楽しめます。

上品なあごだしつゆが枝豆の素材の味を引き立て、飽きのこないおいしさに。よく冷やしてからお召し上がりください。

※ミツカン様「あごだしつゆ」の企画に参加しています

  枝豆のあごだしつゆ漬け

■材料(4人分/調理時間:10分〈冷やす時間は除く〉)

枝豆 1袋(約250g/さや付き)
A あごだしつゆ 大さじ3
A 水 180ml
塩 小さじ2

■作り方

1.枝豆は、さやの両端を切り落とす。塩 小さじ1をまぶし、こすり合わせながらよくもみこむ。

2.鍋に水 1L(分量外)を沸かし、塩がついたままの枝豆、塩 小さじ1を入れ、4〜5分ゆでる。ザルにあげ、熱いうちに【A】に漬ける。粗熱がとれたら冷蔵庫で1時間ほど冷やす。


枝豆のさやの両端を切り落とすことで、あごだしつゆが染み込みやすくなります。

枝豆は塩もみすることで、うぶ毛が取れ、塩味が染み込み、色も鮮やかに仕上がります。

スポンサーリンク
レクタングル大