基本のいちごジャム。ごろごろ果実感!砂糖控えめ。【農家のレシピ帳】

いちごを収穫しました。まだまだ緑色のいちごがたくさん実っているので、しばらく楽しめそうです♪

いちごは果物だと思われがちですが、農林水産省の統計等を見ると分類は「野菜」。果物のように扱われることから、「果実的野菜(かじつてきやさい)」と呼ばれています。

さて、今日はいちごジャムのレシピをご紹介します。

砂糖は控えめになっているので、お好みで調節してください。砂糖の一部をはちみつやデーツシロップにかえても、コクが出ておいしいですよ!

   いちごジャム

■材料(作りやすい分量)

いちご 1kg
砂糖 300g
レモン汁 小さじ1

■作り方

1.いちごはへたを取り除く。鍋に全ての材料を入れて混ぜ、30分ほど置く(いちごから汁が出てくる)。

2.鍋を強火にかけ、混ぜながら煮る。アクが出たら取り除く。水分が減り煮詰まってきたら、木べらでいちごを適当につぶして火を止める。


瓶に詰める場合は、事前に煮沸消毒をしてください。また、このジャムは市販のものと違って保存料などが入っていないので、冷蔵庫で保存しお早めにお召し上がりください♪

※2018年5月、レシピの一部を修正しました

ランキング参加中!

〜ランキング参加中!〜
下記のボタンをクリックして、応援していただけると励みになります!よろしくお願いします♪(^^)

※クリックすると、ランキングのサイトが表示されます

にほんブログ村 料理ブログへ

スポンサーリンク
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大