萌え断!いちごサンド。いちご&いちごクリームをパンではさんで。【農家のレシピ帳】

今日の主役はいちごです♪

いちごは江戸時代末期にオランダから伝えられました。当時は”オランダいちご”と呼ばれていたそうです。

日本でのいちご栽培がはじまったのは、明治時代に入ってからのこと。新宿御苑にある栽培試験場で、国産第1号の品種”福羽苺(ふくばいちご)”が作られました。”福羽苺”というのは聞き慣れない品種名かもしれませんが、近年人気の「とちおとめ」、「あまおう」、「とよのか」などの品種は、この福羽苺にルーツがあるのだそうです。

さて、今回は畑で採れたいちごを使って、いちごサンドを作りました!一般的には生クリームを塗りますが、今回はいちごピューレを混ぜたいちごクリームを。淡いピンク色が可愛らしく、クリームまでいちごの味を楽しめます♪

   いちごサンド

■材料(4人分)

いちご 20〜30粒(サンド用)
食パン 1斤(8枚切り)

<いちごクリーム>
いちご 50g
生クリーム 200ml
砂糖 大さじ3

■作り方

1.クリーム用のいちごはへたを取り除き、ミキサーにかけてピューレ状にする。

2.ボウルに生クリーム、砂糖を入れ、ハンドミキサーで泡立てる。八分立て(やわらかいツノが立つ程度)になったら、1のいちごピューレを加えて混ぜ合わせ、冷蔵庫で30分ほど冷やす。


3.サンド用のいちごのうち8粒を縦半分に切る。パンの片面に2のクリームをぬる。1枚のパンの中心に丸ごとのいちご3〜4粒を横向きに並べ、周りに切ったいちごを並べる。もう1枚のパンをのせて軽く上から押す。パンの耳をカットし、いちごの向きに気をつけながら、パンを縦半分に切る。残りも同様に作る。

※中心には丸ごとのいちごを、大サイズなら3〜4粒、中サイズなら4〜5粒並べる。その両わきにカットしたいちご2粒分を並べる。


切り口をきれいに魅せるには、いちごの並べ方がポイント。ぜひ写真と同じように並べてカットしてみてください!

スポンサーリンク
レクタングル大