皮ごと!焼きナス。フライパンで簡単♪副菜に、おつまみに。【農家のレシピ帳】

皮ごといただく。とろける焼きナス!

ナスをフライパンで焼き、かつお節、めんつゆ、しょうがでいただきます。夏のおかず、副菜、おつまみにぴったりの簡単レシピです♪

ナスの皮やアクにはポリフェノールが含まれており、抗酸化作用があるといわれています。焼きナスは皮をむいて食べることが多いですが、今回は皮ごといただくレシピ。アクも切り口の変色が気にならなければ、取り除く必要はありません。

  焼きナス

■材料(2人分/調理時間:10分)

ナス 3本
かつお節 大さじ1
めんつゆ(3倍濃縮) 小さじ2
しょうがのすりおろし 小さじ1/2
サラダ油 大さじ1
小ねぎ 少々(あれば)

■作り方

1.ナスは縦半分に切り、皮目に5mm間隔の浅い切れ目を入れる。小ねぎはきざむ。

2.フライパンにサラダ油を熱し、ナスを両面焼く。皿に盛り、めんつゆをかけ、かつお節、小ねぎをちらし、しょうがのすりおろしを添える。


小ねぎは彩りなので、なくてもOKです。

ナスは皮目を先に焼くと、全体に均一に油がいきわたります(切り口を先に焼くと、部分的に油を吸いすぎてしまい、油を吸ったナスと吸っていないナスのむらができやすくなります)。

大きなナスを使う場合は、切れ目を入れた後にひと口大に切っても良いです。

お好みで、めんつゆを醤油にかえても♪

スポンサーリンク
レクタングル大