秋の定番!かぼちゃの煮物。お弁当のおかず、作り置きにも。【農家のレシピ帳】

9月に入り、秋めいてきましたね。涼しい季候になると、食べたくなってくるかぼちゃ。よく見ると、皮の一部が黄色くなっていることがありますね。


これはかぼちゃが育つ時に下になっていた部分、太陽の光があたらなかった部分です。傷んでいるわけではないので、気にせず食べることができます!

今回はシンプルにかぼちゃの煮物にしました。水分を少なめにして、ほっくりした食感に仕上げました。味付けは控えめ。かぼちゃ本来の味をお楽しみください♪

  かぼちゃの煮物

■材料(2人分)

かぼちゃ 1/4個(300g)
A 砂糖 小さじ2
A しょうゆ 小さじ1
A 塩 ひとつまみ

■作り方

1.かぼちゃは種とわたを取り除き、一口大に切る。

2.鍋に【A】、水 100ml(分量外)を入れ、皮を下にしてかぼちゃを並べる。中火にかけ、沸騰したらふたをして弱火で15分ほど煮る。竹串がすっと通ったら強火にして水分を飛ばす。


面取りをしなくても、煮る間にかぼちゃを動かさなければ、ほぼ煮崩れしません♪お弁当や夕食のおかずにどうぞ!

スポンサーリンク
レクタングル大