空芯菜の炒めもの。ご飯もビールも進む、夏の副菜。ピリ辛味!【農家のレシピ帳】

空芯菜をフライパンでさっと炒めた副菜。空芯菜のシャキシャキとした食感、ごま油で炒めたにんにくの香りが食欲をそそります。赤唐辛子入りでピリ辛味!ご飯のお供に、ビールのおつまみにもピッタリです。

空芯菜炒めは、東南アジアではナンプラー(魚醤)で味付けすることが多いですが、今回は手に入りやすいオイスターソースとしょうゆで。辛さは唐辛子の量で調節してください!

【野菜ひとくちメモ】
空芯菜は東南アジア原産の野菜。茎の中が空洞になっているため、「空芯菜(クウシンサイ)」と呼ばれます。

  空芯菜の炒めもの

■材料(2人分/調理時間:7分)

空芯菜 150g
にんにく 1片
赤唐辛子 1/4本(乾燥)
A オイスターソース 小さじ1
A しょうゆ 小さじ1
ごま油 大さじ1

■作り方

1.空芯菜は長さ5cmに切る。にんにくは薄切りにする。赤唐辛子は種を取り除き、小口切りにする。

2.フライパンでごま油、にんにく、赤唐辛子を熱し、香りがたったら、空芯菜を加えて軽く炒める。【A】を加え、炒めあわせる。


できたてをお召し上がりください♪

スポンサーリンク
レクタングル大