長いものバター醤油焼き。フライパンで焼くだけ簡単!おつまみに♪【農家のレシピ帳】

長芋の収穫は11〜1月頃。種をまいてから芋が育つまで1年近くかかるので、別名、一年芋と呼ばれています。細長い形をしており、長いものは1m以上にもなります。

今回作ったのは、長芋のバター醤油焼き。フライパンで焼くだけなので、あと一品ほしいときにサッと作れます♪こんがり焼き色のついた長芋がほっくりしていておいしい!バター醤油で箸が止まらなくなる味です。

  長芋のバター醤油焼き

■材料(2人分)

長芋 200g
バター 10g
しょうゆ 小さじ1/2
きざみのり 適量

■作り方

1.長芋は1cm幅の薄切りにする(写真では皮をむいていますが、むかなくてもOKです)。

2.フライパンにバターを溶かし、1の長芋を並べて中火で両面焼く。焼き色がついたら、鍋肌からしょうゆを加え、よく和える。皿に盛り、きざみのりをのせる。


長芋を皮つきで調理する場合、ひげはコンロの火で焼くと良いです(やけどにご注意ください)。

ぜひ、焼きたてアツアツをお召し上がりください♪

ランキング参加中!

〜ランキング参加中!〜
下記のボタンをクリックして、応援していただけると励みになります!よろしくお願いします♪(^^)

※クリックすると、ランキングのサイトが表示されます

にほんブログ村 料理ブログへ

スポンサーリンク
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大