丸ごと!とうもろこしご飯。香りの良い、夏の炊き込みご飯。【農家のレシピ帳】

夏の風物詩、とうもろこし。自然な甘みが美味しく、人気な夏野菜ですよね。今ではすっかり家庭でもおなじみですが、日本に伝わったのは16世紀頃。南蛮貿易でポルトガルから伝来したそうです。

さて、今日ご紹介するのは、”とうもろこしご飯”です!とうもろこしを丸ごと一本、お米と一緒に炊き上げます。味つけはシンプルに塩で。夏らしい炊き込みご飯、味わってみてください♪

   とうもろこしご飯

■材料(4人分)

とうもろこし 1本
米 2合
酒 小さじ1
塩 小さじ 1/2

■作り方

1.とうもろこしは皮をむき、茎を切る。半分に切り、包丁で実をそぎ落とす(とうもろこしの芯は捨てない)。

2.米を洗う。2合の目盛りまで水(分量外)を入れ、とうもろこし、塩、酒を加えて混ぜる。とうもろこしの芯を上にのせ、炊飯する。炊けたら芯を取り除く。


とうもろこしの芯から旨味が出るので、ぜひ芯は一緒に炊いてください。炊きたてのとうもろこしご飯はとってもいい香り。幸せな気分になりますよ♪

スポンサーリンク
レクタングル大