モロヘイヤとみょうがのおひたし。簡単!夏の冷たい副菜。【農家のレシピ帳】

ねばねば野菜のモロヘイヤ、爽やかな香りのみょうがでおひたしを。夏らしい、和風の副菜です。よく冷やしてからお召し上がりください。

味つけはめんつゆで手軽に♪夕食のおかずに、ぜひ作ってみてください。

【野菜ひとくちメモ】
モロヘイヤの語源はアラビア語の「ムルキーヤ」。「王様の野菜」という意味です。古代エジプト王がモロヘイヤのスープを飲み、重い病が治ったという言い伝えがあるそうです。

  モロヘイヤとみょうがのおひたし

■材料(4人分/調理時間:5分〈冷やす時間は除く〉)

モロヘイヤ 1束(約100g)
みょうが 大1個
めんつゆ(3倍濃縮) 大さじ2
かつお節 少々

■作り方

1.モロヘイヤは長さ4cmに切り、茎と葉をだいたい分けておく。塩 少々(分量外)を加えた熱湯で、茎を40秒、葉を加えてさらに20秒ゆで、冷水にとって水気をしぼる。

2.みょうがは縦半分に切り、薄切りにする。めんつゆは水 大さじ4(分量外)で割る。1にみょうが、めんつゆを混ぜ合わせて冷蔵庫で冷やし、食べる直前にかつお節をのせる。


モロヘイヤの茎の根元がかたい場合は、切り落としたほうが良いです。

モロヘイヤは、茎から葉をはずし、茎と葉を別々にゆでると丁寧です。ただ、少し大変なので、私はモロヘイヤを長さ4cmに切って茎と葉をだいたい分けておき、茎を40秒ほど長くゆでるようにしています。

ゆでた後に水で洗いすぎると、ネバネバがなくなってしまうので注意です。

めんつゆは商品によって濃さが異なるので、お好みで加減してください。

〜好評発売中!〜

書籍「おいしく長く楽しめる!収穫野菜の保存テク&レシピ」は、Amazonや書店(園芸コーナー)にて発売中。

【出版のお知らせ】「おいしく長く楽しめる!収穫野菜の保存テク&レシピ」にて、レシピ151品を担当しました。【農家のレシピ帳】
【出版のお知らせ】「おいしく長く楽しめる!収穫野菜の保存テク&レシピ」にて、レシピ151品を担当しました。【農家のレシピ帳】
家庭菜園をされる方向けの本「おいしく長く楽しめる!収穫野菜の保存テク&レシピ」が…
スポンサーリンク
レクタングル大