たけのこご飯!香りの良い、春の炊き込みご飯。【農家のレシピ帳】

毎年恒例、タケノコが採れました!


たけのこは文字通り”竹の子ども”、つまり”竹の芽”のことを指します。春になると、竹の根元からニョキッと生えてきます。

たけのこを漢字で書くと”筍”ですね。”竹かんむり”に”旬”という字です。旬とは、上旬・中旬・下旬という言葉があるように、1ヶ月の3分の1(10日間)のことを表します。
たけのこの収穫期はわずか10日ほどで、あっという間に竹になってしまうことから、この漢字があてられたそうです。

うちのたけのこも竹になりそうな勢いでしたが、ギリギリセーフ!竹になる前に収穫できました。笑

さて、皮ごとゆでたたけのこは、迷わず”たけのこご飯”に!たけのこのいい香りがして幸せな気分〜♪三つ葉も飾り、春らしい炊き込みご飯ができました。

  たけのこご飯

■材料(4人分)

ゆでたけのこ 1個(200g)
油揚げ 1/2枚
米 2合
水 適量
◯料理酒 大さじ2
◯白だし 大さじ1
◯醤油 大さじ1
◯みりん 小さじ1
三つ葉(飾り用) 葉っぱ4枚

■作り方

1.たけのこの穂先は5mmの薄切りに、根元は5mmのいちょう切りにする。油揚げはみじん切りにする。米は洗う。

2.炊飯器に米と◯の材料を入れる。2合の目盛りまで水を入れ、全体を混ぜる。1のたけのこと油揚げを加え、30分そのまま置いてから炊く。器に盛り、三つ葉を飾る。


三つ葉は彩りなので、なくてもOK!皆さんも”たけのこご飯”で、春を味わってください♪

スポンサーリンク
レクタングル大