たけのこ餃子。食感の良いたけのこで、春らしい一品!【農家のレシピ帳】

春になると一度は食べたくなる「たけのこ」。

日本で古くから親しまれてきた野菜で、なんと日本最古の歴史書「古事記」にもたけのこの記述があるそうです。

さて、今日はたけのこをたっぷり使った餃子のレシピをご紹介します!

たけのこを粗みじん切りにすることで、たけのこの食感が楽しめます。

    たけのこ餃子

■材料(4人分)

餃子の皮 50枚
豚ひき肉 200g
たけのこ(水煮) 200g
キャベツ 3枚
長ネギ(白い部分) 1/2本
にら 40g
塩 小さじ1
A 料理酒 大さじ1/2
A 片栗粉 大さじ1/2
A ごま油 大さじ1/2
A おろし生姜 小さじ1
A おろしにんにく 小さじ1
A 鶏ガラスープの素 小さじ1
A しょうゆ 小さじ1
A こしょう 少々
ごま油 適量

■作り方

1.たけのこ、キャベツは粗みじん切りに、長ネギ、にらはみじん切りにする。ボウルにキャベツ、小さじ1の塩を入れてよくもみ、15分おいたら水気を絞る。

2.ボウルに豚ひき肉、1の野菜、Aを入れ、粘り気が出るまで手で混ぜる。

3.餃子の皮のフチに水をつけ、2の具を大さじ1ほど皮の中心にのせる。皮を半分に折り、ひだを寄せながら包む。

4.フライパンにごま油を熱し、餃子を並べる。底に焼き色がついたら、フライパンの深さ5mmまでお湯を加え、フタをして弱火で加熱する。皮が透き通ったらフタを開け、中火で水気を飛ばす。ごま油をまわし入れ、2分ほど焼く。


普段作る餃子に旬の食材を取り入れるだけで、グッと季節感が出ますね。

お好みでしょうゆ、酢、ラー油をつけてどうぞ!

スポンサーリンク
レクタングル大