簡単!モロヘイヤのおひたし。ネバネバおいしい♡【農家のレシピ帳】

採れたてのモロヘイヤ!


暑いとモサモサ生えてくるモロヘイヤの葉。葉先15cmのところを手でポキンと折り収穫します。

モロヘイヤの原産地は中近東。アラビア語で「王様の野菜」を意味する「ムルキーヤ」が語源です。古代エジプト王がモロヘイヤのスープを飲み、重い病が治ったという言い伝えがあります。

まずはシンプルにおひたしで。夏の味覚、モロヘイヤ。ネバネバしておいしいです♪

 モロヘイヤのおひたし

■材料

モロヘイヤ 120g
めんつゆ 小さじ1
かつお節 少々

■作り方

1.モロヘイヤは水で洗い、長さ4cm程度に切る。

2.沸騰したお湯にモロヘイヤの茎を入れ、40秒たったら葉っぱを加え、さらに20秒ゆでる。冷水にサッとさらし、水気を絞る。めんつゆを加えて混ぜ、かつお節をのせる。


ゆでた後に水で洗いすぎると、ネバネバがなくなってしまいます。サッと冷水を通すくらいにしましょう!

冷蔵庫で冷やしてから食べてもおいしいです♪

スポンサーリンク
レクタングル大