ふわとろ!とろろ焼き♪めんつゆとすりおろし生姜でいただく【農家のレシピ帳】

里で採れる芋を”里芋”と呼ぶのに対して、山で採れる芋を”山芋”と呼ぶといいます。山芋にはポピュラーな長芋の他に、大和芋、自然薯(じねんじょ)、いちょういも等があります。山芋は滋養強壮に効果があるといわれており、”山のうなぎ”と称されることも。中国では漢方薬として重宝されています。

さて、今日は山芋の代表格、長芋を使った料理をご紹介します。うちで採れた長芋と長ネギをつかって作りました♪

とろろ、長ネギ、卵を混ぜた生地をフライパンで焼き、めんつゆとすりおろした生姜でいただきます♪とろろを引き立てるシンプルな和風味、ふわとろの食感が美味しいです。夕食の一品やおつまみにどうぞ!

  ふわとろ!とろろ焼き

■材料

長芋 200g
長ネギ 1本
卵 1個
のり 1/2枚(10×20cmくらい)
白だし 小さじ1
醤油 小さじ1/2
サラダ油 大さじ1
かつおぶし 適量

(お好みで)
めんつゆ 適量
すりおろした生姜 適量

■作り方

1.長芋はすりおろし、長ネギは小口切りにする。

2.ボウルに長芋、長ネギ、卵、のり、白だし、醤油を入れて混ぜる。

3.フライパンに油をひき、2の生地を流す。丸く形を整える。フタをして中火で焼き、焦げ目がついたらひっくり返す。フタを開けてさらにもう片面も焦げ目がつくまで焼く。皿に盛り、かつおぶしをかける。


そのまま食べても良いですが、オススメはめんつゆ&すりおろした生姜をつける食べ方です!また、一味唐辛子やマヨネーズをつけるのも美味しいです。お気に入りの食べ方を見つけてください♪

スポンサーリンク
レクタングル大