かぼちゃの皮ごとポタージュ。秋らしい、ほっこりスープ!おもてなしに♪【農家のレシピ帳】

秋のイメージが強いかぼちゃ。意外なことに、収穫は夏なのです。採れたてを食べるのではなく、収穫から2週間〜1ヶ月ほどおき、熟成させてからいただきます。

さて今日は、2週間おいた緑の皮のえびすかぼちゃでポタージュを。皮も含めてかぼちゃを丸ごといただきます。

なめらかになるまでしっかりミキサーにかけるのがポイント。シンプルな味つけで、かぼちゃ本来の甘みを感じられますよ!

   かぼちゃの皮ごとポタージュ

■材料(4人分)

かぼちゃ 1/4個(400g/薄切り)
玉ねぎ 1/2個(薄切り)
牛乳 250ml
顆粒コンソメ 小さじ1
バター 20g
パセリ 少々(きざむ)
塩 少々

■作り方

1.かぼちゃは種とわたを取り除き、薄切りにする。玉ねぎは薄切りに、パセリはきざむ。

2.鍋でバターを熱し、玉ねぎをしんなりするまで炒める。かぼちゃ、コンソメ、水 200ml(分量外)を加え、かぼちゃがやわらかくなるまで煮込む。

3.粗熱がとれたらミキサーにかける。鍋に戻し、牛乳を加えて混ぜる。塩で味を調え、パセリをちらす。


皮ごとなので、黄緑色のかぼちゃポタージュができます!

スポンサーリンク
レクタングル大