焼くだけ簡単!チキンと野菜のオーブン焼き。【農家のレシピ帳】

ローズマリー香る、鶏もも肉と野菜のオーブン焼き。

こんがり焼けたチキンは、皮はパリパリ、身はジューシー。ほっくりじゃがいも、旨みたっぷりのエリンギ、とろっとした玉ねぎ、にんにくも、クセになるおいしさです♪

味つけはシンプルに。オリーブオイル、塩、ブラックペッパーだけで、素材の味を楽しみます。

下ごしらえをしたらあとはオーブンで焼くだけ!
簡単なのに見映えがするので、パーティーやおもてなしで活躍します♪

  チキンと野菜のオーブン焼き

※写真は約一人分です

■材料(2人分/調理時間:15分〈焼き時間を除く〉)

鶏もも肉 1枚(一口大に切る)
じゃがいも 2個(皮つきのまま四つ割り)
玉ねぎ 小1個(皮つきのまま四つ割り)
エリンギ 1本(横半分に切り四つ割り)
にんにく 4片(皮つき)
A ローズマリー 2本
A 白ワイン 大さじ1
A 塩・ブラックペッパー 各少々
オリーブオイル 大さじ1
塩・ブラックペッパー 各少々

■作り方

1.鶏肉の皮全体にフォークで穴をあけ、一口大に切る。大きめのボウルに鶏肉、Aを入れ、10分置く。

2.じゃがいも、玉ねぎは、皮つきのままそれぞれ四つ割りにする。エリンギは横半分に切り、さらに四つ割りにする。1にじゃがいも、玉ねぎ、エリンギ、皮つきのにんにくを加え、オリーブオイルを和える。

3.耐熱皿に2を広げ、塩、ブラックペッパーをふる。200度のオーブンで、焼き色がつくまで30〜40分焼く。


鶏肉は、皮を上向きにして焼くと、皮がパリパリになっておいしいです。

にんにくは、全体が皮に覆われているものを使います。一部でも皮がむけていると焦げやすくなるのでご注意ください。食べるときは皮をむいてくださいね。

耐熱皿は、写真のようなスキレットや、パイ皿など、オーブンで使用可能なものならなんでもOKです。ちょうど良い耐熱皿がなければ、天板にオーブンシートを敷き、具材を並べても大丈夫です!

スポンサーリンク
レクタングル大