秋野菜グラタン。土鍋ひとつで調理から器まで!ほっくりおいしいおかず♪【農家のレシピ帳】

さつまいも、れんこん、かぼちゃをたっぷり使った、秋野菜のグラタン。ほっくりおいしい、洋風のおかずです。

野菜を蒸し煮にして、ホワイトソースを作り、オーブンで焼くところまで、土鍋ひとつで調理できます。

もちろんそのまま器にも!土鍋は保温性が高いので、お料理を温かいまま食べることができ、また、土鍋ならではの風合いで素敵な食卓になりますよ。

おいしさの面でも土鍋は優秀。土鍋は熱の伝わり方が穏やかで、じっくり加熱することで食材の味を引き出せます。

少し肌寒くなる秋にピッタリのグラタン。ランチや夕食に、ぜひ作ってみてください♪

※土鍋料理のワンポイントをページ下部にまとめてあります。土鍋料理に慣れていない方はご参考に!

  秋野菜グラタン

■材料(4人分/調理時間:40分)

さつまいも 1本(約300g)
れんこん 1/2個(約150g)
かぼちゃ 1/4個(約300g)
玉ねぎ 1個
ベーコン 40g
牛乳 3カップ(600ml)
ピザ用チーズ 50g
バター 20g
薄力粉 大さじ4
塩・ブラックペッパー 各少々

■作り方

1.さつまいもは小さめの乱切りに、れんこんは7〜8mm幅の半月切りにして、それぞれ水にさらす。かぼちゃは大きめのひと口大に切る。

2.土鍋にさつまいも、かぼちゃ、れんこんの順で広げ、塩 少々をふり、水 大さじ3(分量外)をまわし入れ、ふたをする。弱火で1分加熱してから中火にして、火が通るまで15〜20分ほど蒸し煮にする。ザルにあげて水気をきり、土鍋は水分をよくふきとる。

3.玉ねぎは繊維を断つように薄切りに、ベーコンは1cm幅に切る。土鍋でバターを弱めの中火で熱し、玉ねぎ、ベーコンを炒める。薄力粉を加えて混ぜ合わせ、牛乳を加え、中火でとろみがつくまで加熱し、塩・ブラックペッパーで味を調える。

4.2を加えて混ぜ合わせ、チーズを広げ、230度に予熱したオーブンで7〜8分ほど焼く。


さつまいもを小さめに、れんこんとかぼちゃは大きめに切ると、加熱時間がちょうど良くなります。火が通りにくいさつまいもを鍋の一番下に広げて加熱します。

******************
<(参考)土鍋料理のワンポイント>

1.土鍋は色やにおいがしみやすいので、目止めをしてから使用します。米のとぎ汁や片栗粉を溶いた水(水 1Lに片栗粉 大さじ1程度の割合)を8分目まで注いで弱火で1時間ほど加熱。完全に冷めたら中身を捨て、洗って乾かします。

2.土鍋は急激な温度変化に弱いので、いきなり強火で加熱せず、まずは弱火〜弱めの中火で鍋を温めてから調理を始めます。調理後、すぐに冷水をかけたりするのもNGです。

3.加熱する前に、鍋の外側の水気をよくふきとります。水分があると、加熱したときに割れる恐れがあります。

4.土鍋は取っ手やふたも熱くなるので火傷に注意。食卓に置くときは鍋敷きを使います。

5.色やにおいが染み込むことを防ぐため、粗熱がとれたらできるだけ早めに洗い、しっかり乾かします。使い始めは特に油などがしみやすいので、ご飯を炊く、根菜をゆでるなどから徐々に慣らしていくと良いです。

※土鍋によって使い方が多少異なるので、土鍋の説明書をよく読んでからお使いください
******************

スポンサーリンク
レクタングル大